建て替えられた徳島スローワークセンターあゆみ園の本館=徳島市万代町6

 徳島市身体障害者連合会が運営する就労支援施設「徳島スローワークセンターあゆみ園」(同市万代町6)の新本館が完成した。

 本館は鉄骨3階建て延べ244平方メートル。1、3階に多目的室、2階に作業スペースがあり、身体障害者ら29人が冊子の印刷や藍染、造花などを行う。点字ブロック、災害時に点滅する誘導灯、オストメイト(人工肛門、人工ぼうこう保有者)に対応したトイレなども備えている。

 関係者約50人が出席して落成式があり、連合会の林徳太郎理事長が「多くの人を受け入れ、訓練して社会に送り出すために利用者ファーストの心で頑張りたい」とあいさつした。

 あゆみ園は、本館と別館各1棟からなる。老朽化した別館を建て替え、新本館とした。連合会が昨年4月から建て替えていた。事業費は約9400万円。