[上]県警が制作した交通マナー動画の一場面[下]県警が制作した交通マナー動画のDVD

 徳島県警が制作していた交通マナーの啓発動画が完成した。横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる場合、車は必ず止まらなければならないとする道交法のルールを浸透させるのが狙い。

 動画は「交通マナーアップ大作戦2017」のタイトルで、18分35秒にまとめた。横断歩道の手前で車が一時停止や減速をしなければならない場合を、ドライバー目線の映像などを使って具体的に解説している。脚本、撮影、出演、編集の全てを交通企画課員が担当した。

 県警のホームページで2月8日から公開したところ、1カ月間の閲覧数は2163回を数えた。DVDにして各警察署の交通安全講習で使うほか、企業の研修用に無料で配布する。