美馬市木屋平地区の行政、医療サービスなどをワンストップで提供する複合拠点施設=同市木屋平川井

 美馬市が同市木屋平川井の旧木屋平中学校校舎を改築し、整備を進めてきた複合拠点施設が完成した。一部を除き、21日から業務を始める。市総合支所を中心に、診療所や物産販売所、郵便局などが同一施設に入る“ワンストップサービス方式”を採用し、木屋平地区の住民の利便性向上を図った。4月1日に開所記念式典がある。

 鉄筋3階建て延べ約2263平方メートルで、1階部分を約288平方メートル増床した。1階には市診療所と、NPO法人「山の薬剤師たち」が運営するこやだいら薬局、川井郵便局がそれぞれ移転。JA美馬と美馬市商工会の物産販売所が開設される。

 2階は各種証明書の発行などの窓口業務を行う市総合支所と、市の歯科診療所などが入り、3階は調理実習室や図書室を備える。

 高齢者に配慮し、エレベーターを新設。グラウンドには47台分の駐車場も整備した。総事業費は約4億円。

 機器搬入などのため診療所は4月3日、歯科診療所(水曜のみ)は5日にそれぞれ開所する。