徳島県内公立高校の2017年度入試で、県教委は23日、2次募集の出願状況を発表した。全日制7校と定時制6校に計102人が出願し、全日制では4校6学科・類で定員を上回った。

 定員を上回ったのは全日制の▽城北・普通4人(定員1人)▽徳島科学技術・機械技術4人(2人)▽阿南工業・機械2人(1人)▽同・電気4人(3人)▽同・建設3人(1人)▽名西・普通6人(1人)。

 他の全日制は▽海部・普通7人(10人)▽同・情報ビジネス5人(5人)▽同・数理科学1人(15人)▽阿波西・普通1人(1人)▽池田・普通5人(13人)となっている。

 定時制は▽徳島科学技術・機械9人(13人)▽同・工業技術12人(16人)▽徳島中央・普通(昼間部午前)20人(18人)▽同・普通(昼間部午後)2人(6人)▽同・普通(夜間部)2人(12人)▽富岡東・普通7人(8人)▽鳴門・普通2人(8人)▽名西・普通4人(3人)▽池田・普通2人(6人)だった。

 27日に試験があり、作文と面接のほか、一部の学校では学力検査も行う。28日に合否を通知する。