神山町は2017年度、運転免許証を自主返納した人への支援制度を拡充する。70歳以上などに限り実施しているタクシー料金の助成制度を年齢に関係なく利用できるようにするほか、町営バスの回数券を支給する。

 タクシー料金の助成は、外出支援事業「のらんでタクシー」の利用対象を拡大する。助成券(12枚つづり千円)を1人4冊まで購入でき、1回の乗車当たり「運賃2千円以下は半額」などの支援を行う。17年度当初予算に返納者の利用を含めた事業費800万円を盛り込んだ。

 町営バスの回数券は1人当たり5千円分を支給する。10人の利用を見込んでおり、当初予算に事業費5万円を計上した。

 町では昨年10月、約2年4カ月ぶりに交通死亡事故が発生。ドライバーは80代だった。町内の免許返納者数は、14年が2人、15年が8人、16年が14人と増加傾向にある。