収穫したワカメを釜ゆでする鳴滝さん=小松島市和田島町

 小松島市和田島町でワカメの収穫が始まった。ゆでる作業が行われている倉庫では、湯気が立ち込める中、ワカメが鮮やかな緑に輝いている。

 漁業鳴滝文男さん(70)=同町東新開=は、夜明け前から沖合の養殖棚でワカメを収穫し、海岸沿いの倉庫の釜で次々とゆでている。ゆで上げたワカメを翌朝まで塩漬けした後、茎と葉に分けて20キロずつ箱詰めし、1キロ約600円で加工業者に出荷している。作業は4月末ごろまで続く。