シバザクラとの競演が楽しめる高開の石積み=吉野川市美郷大神

 吉野川市美郷大神の「高開の石積み」でシバザクラが咲き始め、色とりどりの花が山里を彩っている。

 石積みは標高360メートルの段々畑にあり、350年以上前に築かれたとされる。地元の高開文雄さん(84)が約25年前から景観保全のためにシバザクラを畑のへりに植え始め、今では1・5ヘクタールほどに広がった。ピンクや紫などの愛らしい花々と石積みの競演が楽しめる。

 高開さんは「昨夏の日照りで開花が例年より1週間ほど遅れているが、今月中旬には見頃を迎える。里山ののどかな風景を堪能して」と呼び掛けている。