つるぎ対城西 2回裏、城西無死二、三塁から大黒の右犠飛で先制する=アグリあなんスタジアム

高校野球の第71回徳島県春季大会第5日は28日、鳴門オロナミンC球場とアグリあなんスタジアムで2回戦4試合が行われ、徳島商、小松島、鳴門、城西がベスト8入りした。城西の8強入りは初めて。

徳島商は2―1で第2シードの生光学園に競り勝ち、小松島は7―3で名西を下した。第1シードの鳴門は9―0で穴吹、城西は13―4でつるぎをそれぞれ七回コールドで破った。第6日の29日は両会場で2回戦4試合が行われる。

 ◇鳴門オロナミンC球場

  ▽2回戦

  生光学園1―2徳島商

  名西3―7小松島

 

 ◇アグリあなんスタジアム

  ▽2回戦

  鳴門9―0穴吹
   (7回コールドゲーム)

  城西13―4つるぎ
   (7回コールドゲーム)