見頃を迎えた桜の下で花見を楽しむ人たち=徳島市の徳島中央公園

 桜の満開が発表されてから初めての週末を迎えた31日の徳島県内は晴天に恵まれ、徳島市の徳島中央公園は大勢の花見客でにぎわった。

 園内では約250本のソメイヨシノが見頃を迎え、家族連れや友人同士のグループが記念撮影をしたり、乾杯を繰り返したりしていた。時折風が吹くとピンクの花びらが舞い、「きれい」と歓声が上がった。

 ほぼ毎年家族で花見を楽しむという伊月太陽君(11)=千松小6年=は「最高のお花見日和。想像していたより、花が残っていて良かった」と笑顔で話した。

 徳島地方気象台によると、この日の最高気温は徳島市19・7度、三好市池田町21・4度など、各地で平年を2~6度上回り、4月上旬~下旬並みとなった。5日までは晴れる日が多い見込みで、花見日和となりそう。