[磯]<福村>31日、南寄りの風で穏やか。水温13・5度。淡島回りの一番ホロロで50センチのマダイ1匹。二番東は35センチのチヌ1匹。中津回りの黒岩ダルマで25センチのガガネ1匹。

<高知・甲浦>31日、うねりがあり低いハエには上がれなかった。水温16・2~16・7度。エボシで35センチのグレ1匹。ヒナダンでも30センチのグレ2匹。湾内のイカダでは小型のアイゴが多数釣れたが未確認。

<兵庫・沼島>31日、前日より水温が0・8度低下し魚の活性が低かったようだ。1番回りの磯は潮の動きも悪く餌取りも少なかった。地よりのハエで磯際を狙い43センチのチヌ1匹。

[船釣り]<伊島沖>31日、乗合船で出掛けた人らが本ハゲを狙い18~29センチを7~29匹。別の船も15~29センチを竿頭が29匹。各自5~22匹。早朝は食いが渋かったが12時ごろから食いが良くなり、ほとんどの人が2桁の釣果があった。

<高知・行当岬沖>31日、東寄りの風がやや強かったが穏やか。ゆっくりした上り潮で、仕立て船で出掛けた2人が55~75センチのマダイ24匹。

[イカダ]<高知・吉良川沖>31日、西寄りの2号で底物を狙った人が45、50センチのイシダイ2匹。

[波止]<高知・宇佐沖ノ一文字>31日、少しうねりがあった。ネリ餌や沖アミを餌にフカセ釣りで40センチ前後のチヌ、50~60センチのボラ1~5匹。アジを餌にウキ釣りで0・8キロのアオリイカ1匹。餌木を投げ歩いた人も0・89キロを1匹。中突堤では家族連れがサビキ仕掛けで10~13センチの小サバが入れ食い状態。

<津田沖ノ一文字>30日、北寄りの風が強く吹き肌寒かった。通称ダンサ付近の少し南寄りでサオを出した人が沖アミを餌にフカセ釣りで38センチのチヌ1匹。

<和田島大手海岸T字ブロック>30日、北の風が少し強かった。日没後から3時間ほど阿南市の好川さんら2人が小型のメタルジグ、1・5グラムのジグヘッドにミニワームやワームを付け17~22センチのメバル38匹と14~18センチのガガネ4匹。小型は全て再放流した。食いが良い時は表層であたりが集中したが渋くなると底をゆっくり引いてくるとあたりがでた。(県釣連盟報道部)