丸山純奈さん

 徳島市の中学生シンガー・丸山純奈さんが、CMソングやテレビ番組のテーマ曲に起用された。画面を通して澄んだ歌声を響かせている。

 丸山さんがCMソングの歌い手に起用された商品は「PITTA MASK」。マスクをPRするオリジナルソングに合わせて、子どもから大人までのダンサーがマスクを付けて踊るミュージックビデオのような映像で、商品の公式サイトや動画サイトで公開されている。これまでバラードや明るく爽やかな曲を歌うことが多かった丸山さんにとって、アップテンポで大人っぽい楽曲は新境地だ。

 「今まであまり歌ってない、かっこいい雰囲気の曲。自分じゃないみたいで、新しい自分を発見した感じ」と語る。動画を見た人からも「誰か分からなかった」「こんな曲も歌えるんだね」と反響も大きい。

 4月2日からは、NHK徳島放送局の夕方のニュース番組「とく6徳島」のエンディングテーマ曲も担当。作曲した小松島市出身の音楽家住友紀人さんとは、これまでにもイベントなどで指導を受けたことがあり、今回のレコーディングでは、「好きなように歌って」とアドバイスされた。

 いつも歌うときは歌詞の世界を表現することを心掛けるが、今回の曲は歌詞がない。「どう歌えばいいのか、感情が表しにくいかなと不安があった」。曲を聴いて明るく楽しい気持ちになってほしいという思いを込めて収録を終えた。

 中学3年生になった丸山さん。バンドPOLUのボーカルとしても活躍中で、22日には徳島の春の祭典「はな・はる・フェスタ」のライブ、5月5日には東京・渋谷でPOLU初のワンマンライブを控える。「ワンマンライブは自分たちを見るためだけに集まってくれるので楽しみ。きっといい経験になるので、自分たちの時間を楽しんで精いっぱい演奏したい」と話している。