大歩危リバーフェスティバルに向けて練習するすだちくん=三好市山城町西宇

 徳島県のマスコットキャラクター・すだちくんが20日、三好市内の吉野川で開かれるラフティング大会「大歩危リバーフェスティバル」でラフティングに挑戦する。10月に同所で開催される競技ラフティング世界選手権のPR用映像撮影を兼ね、世界選手権実行委が企画した。

 すだちくんが挑むコースは、三好市山城町西宇の観光施設ウエストウエスト前。激流ではないものの高低差約50センチの瀬があり、フェスティバルではジュニアのコースに採用されている。

 すだちくんは17日、同所で練習。三好市を拠点に世界で活躍する女子チーム「ザ・リバーフェイス」のメンバー5人と一緒にボートに乗り、最前列でパドルを操った。水しぶきを上げる急流でもバランスを崩さず、約300メートルの区間をこぎ切った。

 フェスティバルは20、21両日、ウエストウエスト周辺で国内の14チームが参加して開かれる。すだちくんは20日午前10時40分ごろ、競技の合間に登場する。