「スイムラン」で海沿いを走るペア=海陽町宍喰浦

 海陽町内沿岸部の豊かな自然を生かして競技を行う「海陽マリンスポーツフェスティバル」(実行委主催)が27日、始まった。県内外の選手が海岸沿いを走ったり海を泳いだりしてタイムを競った。28日まで。

 この日は陸路と水路計約17キロをペアで進む「スイムラン」が行われた。36組72人が同町浅川の南阿波ピクニック公園を出発し、那佐湾を泳いだり大里松原海岸の松林を横目に走ったりしてゴールの竹ケ島を目指した。

 2時間57分44秒で完走した竹内鉄平さん(40)、竹元久美子さん(34)=いずれも愛知県みよし市=のペアが総合優勝した。2人は「海と山に囲まれたコースで自然を身近に感じることができた」と喜んでいた。

 28日は竹ケ島周辺の海1・5~3キロを泳ぐ「オープンウオータースイム」と「シーカヤックマラソン」がある。