担当者から説明を受け、中古車を品定めする来場者=徳島市のマリンピア沖洲特設会場

 徳島県内の自動車ディーラー15社による「トクしま中古車フェア2017」(徳島新聞社など主催)が3日、徳島市東沖洲2のマリンピア沖洲特設会場で始まった。4日まで。入場無料。

 人気のハイブリッド車や軽自動車、高級外国車など300台を展示即売。来場者は実際に車に乗り込んで車内の広さや乗り心地を確かめたり、ディーラーの担当者から走行距離、燃費などを聞いたりしながら、熱心に品定めしていた。

 39万円均一で車を販売する「サンキュウセール」や、勝ち残った人が千円で購入できるじゃんけん大会もあった。

 昨年12月に運転免許証を取得し、初めて乗る車を買いに来たという同市川内町加賀須野の会社員永岡明香里さん(19)は「運転しやすくてかわいい車がほしい。良い車が見つかれば」と話していた。