[左]吉田基晴氏 [右]藤田恭嗣氏

 電子書籍取次大手「メディアドゥ」(東京)社長の藤田恭嗣氏(43)と、セキュリティー対策ソフト開発会社「サイファー・テック」(美波町)社長の吉田基晴氏(45)が四国大の特認教授に就任し、6日、同大で2人に任命書が授与された。

 任期は5月1日から2年間。2人は同大での特別講義や講演会の講師を務めるほか、学生への教育研究の助言などを行う。

 藤田氏は1999年にメディアドゥを設立し、東証1部上場会社へと成長させた。古里の旧木頭村(現那賀町)の活性化にも力を入れ、世界最大規模の漫画図書館を開設する計画を進めている。

 吉田氏は2003年にサイファー・テックを創業。13年に本社機能を古里の美波町に移すとともに、地域活性化支援会社「あわえ」を設立するなど、地域の魅力発信や企業の誘致に貢献している。

 授与式後、藤田氏は学生約300人を前に講演し「ビジネスも暮らしも時代の流れとともに変化する。将来を見据えて何を学ぶかが重要。自分らしさを追求して」と呼び掛けた。

 同大は特定の分野で高い知識と経験を持つ人に特認教授の称号を与えており、今回の2人を含めて特認教授は12人になった。