育児や仕事を楽しむ心構えについて語る蛯原さん=徳島市のイオンシネマ徳島

 元看護師で、チャイルドボディーセラピストの蛯原英里さんが仕事と子育ての両立について語るトークショー(徳島県、徳島新聞社主催)が24日、徳島市のイオンシネマ徳島で開かれ、乳幼児を連れた母親ら約170人が聞き入った。

 蛯原さんは、新生児集中治療室(NICU)に6年間勤務した経験から、親子でスキンシップを図ることの大切さを強調した。ベビーマッサージを実演し、「目と目を合わせて語り掛け、触れ合うことが親子の絆を深める」と話した。

 もうすぐ3歳になる女の子を育てながら働く母親として、「つらいことよりも、楽しいことを数えて」と前向きに子育てをするこつを紹介。「仕事をしたいなら、後悔しないように挑戦してほしい。子どもは輝いているママが好き」とエールを送った。

 県内の民間企業で働きながら職業訓練し、正社員や起業を目指す「県地域創生人材育成事業」の一環。県西部で育った双子の姉妹を描いた映画「ふたごとうだつ」の上映もあった。