とくしま消費者行政プラットホームの開設を祝いテープカットする飯泉知事(中央)ら=県庁

 徳島県は26日、消費者庁が7月に県庁10階に新拠点「消費者行政新未来創造オフィス」を設けるのに合わせて整備してきた事務スペース「とくしま消費者行政プラットホーム」を同じ10階に開設した。消費者庁や県の担当者らが自由に出入りし、消費者施策を議論する場として活用される。

 オープニングセレモニーでは飯泉嘉門知事や消費者庁の日下部英紀参事官らがテープカットして開設を祝った。あいさつで知事は「プラットホームを拠点に消費者庁の取り組みを挙県一致で応援していく」、日下部参事官は「消費者の豊かな暮らしのために徳島を実証フィールドとし取り組んでいきたい」と語った。

 セレモニーの後、県東京本部に集まった消費者庁職員と、プラットホームの県職員がテレビ会議を行い、子どもの事故防止をテーマに意見を交わした。

 プラットホームは、県庁10階東側の執務室を改装し、テレビ会議用のモニターや、立ったまま会議ができるよう高さが調節できるテーブル、Wi-Fiなどを整備した。県消費者くらし安全局も同日、同じ10階に11階から移転して業務をスタートさせた。