七夕の飾り付けをする白うめ幼稚園児=徳島西郵便局

 徳島市国府町府中の徳島西郵便局に26日、七夕飾りがお目見えし、近くの白うめ幼稚園児が願い事を書いた短冊を結びつけた。

 局内のロビーに、高さ約2・5メートルのササ2本を設置。園児約50人が「ピアノがじょうずになりますように」「とまとがたべられますように」などと、思い思いの願い事を書いた短冊をササにつるした。

 矢田夕貴ちゃん(6)は「サッカーがうまくなるようにと書いた。願いがかなってほしい」と話した。

 徳島西郵便局は昨年10月から、毎月24日を「徳島西(にし)の日」と位置付け。地域活性化などを目的としたイベントを行っており、今回もその一環として実施した。