[イカダ]<ウチノ海>9日、ヤカタでヨウセイエビを餌に40~62センチのスズキ8匹と40センチのアブラメ1匹。サヨリを狙った人らは25~36センチを60、50、20匹。

 [磯]<由岐>9日、緩い下り潮で水温14~14・6度。ムギバエで34、45センチのチヌ2匹と27センチの本ハゲ1匹。

 <津島>9日、出船時は穏やかだったが次第に波が高くなった。潮も徐々に下りだした。波が高くなるまで一番東でサオを出した人が34センチのグレ1匹。

 <高知・鵜来島>9日、一部の情報だが、チョボで67センチの大型の尾長グレが1匹上がった。ハリス2・75号で釣り上げたようだ。

 <香川・引田>8日、西寄りの風が強く釣りづらかった。徳島から出掛けた2人がオカメに上がり40センチ前後のチヌ2、3匹。

 <兵庫・沼島>8日、水温12・3度。2番回りの磯で30~40センチのチヌ1~2匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>9日、南寄りの風が北西に変わった。チヌは中央付近で37、40センチを2匹。少し離れた所で40センチ前後を3匹。近くでも型は未確認だが1匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>9日、早朝は冷え込み肌寒かったが、日が昇るにつれ暖かくなった。潮が悪く魚の活性は低かった。アジを餌にウキ釣りで56センチのヒラメ1匹。ボラ、ガガネは数匹。地の岸壁でも60センチのヒラメ1匹。

 <高知・室戸>8日、東海岸で6時までサオを出した人がアジを餌に、取り込みにはヤエンを使い0・6、2キロのアオリイカ2匹。少し離れた所でも0・5、0・6キロを2匹。

 [船釣り]<伊島沖>9日、うねりが次第に高くなり早めに納竿。本ハゲを狙い出船した乗合船は、30号のオモリを付けた胴付仕掛けでサオを出し、15~28センチをサオ頭が36匹。各自同型を14~17匹。全員に2桁の釣果があった。

 <浅川沖>8日、南東の風で波はなかった。水温16・2度。沖の掛け釣りでタイラバージグで釣った人が30~60センチのマダイ7匹。(県釣連盟報道部)