徳島JCが開く高校生対象のコンテスト「大人の背中BATTLE!!」のチラシ

 徳島青年会議所(JC)は、高校生が県内企業やそこで働く人の思いを紹介する動画を作り、その出来栄えを競うコンテスト「大人の背中BATTLE!!」を開く。取材や編集を通して働く意義ややりがいに触れ、進学や就職などの進路選択に生かしてもらうのが目的。夏休み中に企業訪問や合宿を行い制作する計画で、参加者を募集している。

 製造、サービス、映像・写真など12業種から興味のある仕事を選び、4、5人のグループでJC会員の所属する企業を訪れる。タブレット端末を使い、社員の働く様子を撮影したりインタビューをしたりし、その業種の魅力や働く人の仕事に懸ける思いなどを1分間の動画に編集する。

 テレビ局のディレクターや雑誌の編集長らが指導に当たる。25日に説明会と研修会を開き、8月18日までに各企業を訪問。同19、20日には徳島市大原町のユースホステルで動画編集のための合宿も行う。9月10日の発表会でグランプリを選ぶほか、専用サイトを立ち上げるなどして全ての動画をインターネット上にアップする予定にしている。

 徳島労働局によると、県内で就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合は、2013年3月の卒業者で大卒が40・8%、高卒で39・9%に上る。徳島JCは、就職後の現実と理想のギャップに悩んで離職する新卒者が多いとみて、若い頃から働く大人の価値観を見聞きすることが大切だと考え、青少年育成事業としてコンテストを開くことにした。

 徳島JC・未来育成青少年委員会の三木宏晃委員長(38)は「将来について考えるいい機会になるはず。多くの人に参加してほしい」と話している。

 対象は徳島市在住の高校生か、同市内の高校に通う生徒で定員50人。参加費3千円。今月10日締め切り。問い合わせは徳島JC<電088(623)1478>。