徳島対岐阜 前半、岐阜ゴール前で競り合う徳島のFW山﨑(左端)ら=岐阜メモリアルセンター長良川競技場

 サッカーJ2徳島ヴォルティスは15日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場でFC岐阜と対戦し、0-0で引き分けた。2試合連続の引き分けで4試合ぶりの勝利はならなかった。徳島の通算成績は3勝2分け4敗の勝ち点11で、順位は14位となった。

 徳島は前節の栃木戦から先発5人を入れ替えて臨んだ。大本祐槻が中盤右サイドで加入後初先発し、GK梶川裕嗣が開幕戦以来、先発に名を連ねた。出場停止からシシーニョ、ブエノが復帰し、大﨑玲央も最終ラインに戻った。立ち上がりは徳島の出足、連動性がよく、試合を支配。前線の長身FW山﨑凌吾が起点となり、チャンスをつくった。6分には大本、シシーニョで右サイドを崩し、シシーニョがクロスを上げると、左サイドからゴール前に飛び込んできた杉本竜士がヘディングシュートを放つ。ワンバウンドしたボールは岐阜のGKビクトルにはじき出された。

 続くコーナーキックから山﨑が頭で合わせるも浮いたボールはクロスバーに当たってゴールはならなかった。その後も、杉本太郎、杉本竜士で左サイド、大本、シシーニョで右サイドから攻め、島屋八徳、山﨑も絡みながらゴールに迫るも得点には至らなかった。

 前半も中盤を迎えると、岐阜がリズムをつかむ。ロングボールを使いながら徐々に反撃し、ミドルシュートや両サイドからのクロスを見せた。しかし、徳島守備陣がしのいだ。31分に、FW田中パウロ淳一にDFがかわされたが、GK梶川がすばやく飛び出して抑えた。終盤に、徳島が再度盛り返したが両チーム無得点で後半へ。

 後半の立ち上がりは両チームが激しい攻防を見せる、6分に、岐阜のFW古橋亨梧が徳島の守備を突破し、ペナルティエリア内でGK梶川と1対1となったが、梶川がビッグセーブを見せてピンチをしのいだ。

 徳島は9分、シシーニョのパスを受けた杉本竜士が左サイドからクロスを送ると、山﨑が頭で合わせ枠を捉えるもゴールラインギリギリでGKにかき出されてゴールはならなかった。13分にも山﨑のパスに右サイドを抜け出した大本がペナルティエリア内まで入り、中央の島屋にパスを送ったが、シュートは枠を捉えきれなかった。その後も島屋、杉本竜士がゴールを狙ったが得点にはならず。41分に大本の右クロスに山﨑が飛び込んだが、再度GKに防がれ、ゴールは奪えなかった。

 時折、岐阜のカウンターからゴールを脅かされたがGK梶川、DF大﨑、藤原広太朗らが体を張って防ぎ、守備陣は4試合ぶりに無失点で終えた。両GKの好守もあり、スコアレスドローとなった。

 

◇明治安田J2第9節 岐阜メモリアルセンター長良川競技場 入場者数 7217人

徳島 0-0 岐阜
   0-0
   0-0