[船釣り]<伊島沖>14日、乗合船で出掛けた人らが30号のオモリを付けた胴付仕掛けでサオを出し本ハゲを狙った。15~29センチをサオ頭は28匹。各自8~24匹。別の船も18~28センチを15~35匹。別の船は風裏となる島陰でサオを出しアマダイ、ヒラアジ、マサバ数匹。風が強く吹き出し各船共早めに納竿した。

 <高知・行当岬沖>14日、東寄りの強い風、波が少しあった。仕立船で2人が60~85センチのマダイ28匹、75センチのメダイ1匹。ハリス10号で釣ったが6回ハリス切れがあった。

 [磯]<大島>14日、水温17・9度。港回りのノコギリで30~35センチのアイゴ7匹。裏回りのオハナで32・5センチのグレと40センチのブダイを各1匹、25~35センチのアイゴ、23センチ前後の本ハゲを各4匹。

 <高知・甲浦>14日、少し波があり水温17度。15時半ごろから雨が降り出した。長兵衛バエで30センチのマダイ1匹。別の人は銀色の餌木を投げ1・6、2・15キロのアオリイカ2匹と1・4キロのコウイカ1匹。

 <恵比須浦>13日、水温14・4度。大辰巳周辺のハエで38~50センチのチヌ3匹。

 <兵庫・沼島>13日、2番回りの磯でサオを出した人が35~40センチのチヌ4匹。

 [波止]<小松島港沖ノ一文字>14日、ルアーで75センチ前後のスズキ3匹。白灯付近でチヌ狙いは、45センチ前後を2匹。

 <中林漁港沖ノ消波ブロック>14日、出船時は穏やかだったが8時ごろから南の風が強く吹き出した。潮の色が良くなり魚の動きも良くなったきた。内向きでサオを出した阿南市の吉岡輝夫さんがウキ下サオ1本半前後と深くして沈んだ消波ブロックの際を狙い35、45センチのチヌ2匹と24センチのメバル、20センチのガガネを各1匹。南西の風が強く吹き出し雨が降りそうな雲行きになり12時ごろ納竿した。

 <和田島大手海岸T字ブロック>13日、日没後の2時間ほど1・5グラムのジグヘットにアオイソメを付け釣った阿南市の2人が17~23センチのメバル10匹と17~25・5センチのガガネ9匹、35センチのマゴチ1匹。12日も阿南市の人が同時間ごろに40センチのキビレ、45センチのセイゴを各1匹と17~23センチのガガネ7匹、18~21センチのメバル19匹。

 [イカダ]<ウチノ海>13日、ヤカタでヨウセイエビを餌に30、50センチのセイゴと20、30センチのアブラメを各2匹。沖アミを餌に72センチのスズキ1匹。サヨリ狙いは25~35センチを23匹。(県釣連盟報道部)