三代目 J Soul Brothersのボーカル・今市隆二(左)、登坂広臣のソロツアーが決定

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのツインボーカル・今市隆二(31)と登坂広臣(31)が、それぞれ自身初となるソロアリーナツアーを8月からスタートさせることが明らかになった。ともに20万人動員規模のツアーとなる見込み。

【カット写真】鍛え上げられた肉体を披露する今市隆二

 今年に入ってソロ活動を本格始動させた今市は、1月から4ヶ月連続で配信限定デジタルシングルをリリース。登坂は一足早く、世界的に活躍するプロデューサー・Afrojackによる楽曲プロデュースで昨年からソロ活動をスタートさせた。6月6日に発売される三代目J Soul Brothersのニューアルバム『FUTURE』には、今市と登坂の初ソロアルバムも収録されることが決定している。

 昨年開催されたドームツアーで188万人を動員し、さまざまな記録を塗り替えた三代目J Soul Brothersは、近年では個人活動にも注力。パフォーマーのELLYは、7月にラッパー名義のCRAZYBOYとして初のソロホールツアーを開催。山下健二郎は役者活動のほか、今月から日本テレビ系情報番組『ZIP!』の火曜メインパーソナリティーに就任するなど、それぞれが活動の幅を拡げている。

 今市と登坂のソロアリーナツアーの日程や会場の詳細は改めて発表される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。