台風5号の最接近から一夜明けた8日午前、徳島県内の交通機関はほぼ平常に戻った。県道、国道の通行止めは2路線2カ所を除いて解除され、自主避難者は全員帰宅した。

 JR四国、阿佐東線は全線で始発から平常通り運行している。徳島空港を発着する空の便も平常通り運航。徳島と和歌山を結ぶ南海フェリーは、午前の上下4便が欠航したが午後1時25分徳島発から運航を再開した。オーシャン東急フェリーは平常運航に戻った。

 高速バスと路線バスは、徳島バスの午前7時40分名古屋発が運休した以外は平常通り運行している。

 国道、県道は午前11時時点で、国道438号見ノ越トンネル付近と県道津田川島線川島潜水橋が、規制雨量超過や冠水のため全面通行止めになっている。

 三好市西祖谷山村東西岡地区と同市東祖谷和田、京上、菅生で自主避難していた10世帯13人は、午前7時までに全員帰宅した。