出迎えを受けて笑顔を見せる帰省客ら=徳島阿波おどり空港

 お盆を徳島県内で過ごす人たちの帰省ラッシュが10日、始まった。徳島阿波おどり空港(松茂町)などは土産物を抱えた家族連れらで終日、混雑した。

 空の便は東京線の下り便が日本航空7便、全日空4便全てで満席となった。11日も下りの全便が予約で埋まっている。

 横浜市から藍住町の実家に帰省する北野悠記(ゆうき)さん(38)咲悠(さゆ)ちゃん(3)親子は「阿波踊りも見たいし、徳島市にオープンしたショッピングモールにも行ってみたい」と話していた。

 高速バス乗降場の徳島とくとくターミナル(松茂町)や徳島駅前でも、京阪神方面からのバスで満席が目立った。徳島バス、JR四国バスとも11日がピークで、一部の便を除いてほぼ満席状態という。

 和歌山と結ぶ南海フェリーの下り便も10日から混み始め、11、12日は一部の便が既に予約で満車となっている。