演舞場の途中で阿波踊りのポーズをとるSTU48の7人=徳島市の藍場浜演舞場

 アイドルグループ「AKB48」の姉妹グループで、徳島など瀬戸内沿岸7県を拠点とする「STU48」が15日夜、徳島市の阿波踊りに「イオン連」として参加し、笑顔を振りまきながら演舞場を踊り抜いた。

 参加したのは地元・徳島出身の三島遥香さん、谷口茉妃菜さんのほか、愛媛出身の兵頭葵さん、尾﨑舞美さん、門田桃奈さん、黒岩唯さん、高知出身の塩井日奈子さんという四国出身メンバー7人。そろいの法被を身に付け、大勢の観客で埋まった藍場浜演舞場に踊り込んだ。

 演舞場内では、有名連の蜂須賀連が演奏するお囃子に乗り、はつらつとした踊りを披露。踊り終える頃にはすっかり「踊る阿呆(あほう)」になっていた。

 徳島出身の三島さんは「地元・徳島の人たちと一緒に踊れて最高の基分」、谷口さんは「これからも徳島を盛り上げていきたい」と息を弾ませながら話した。