息の合ったダンスを披露する小学生ら=21世紀館イベントホール

 「文化の森サマーフェスティバル」が20日、徳島市の県文化の森総合公園であり、県内の小中高校生らがダンスの腕前を競う「文化の森ダンス選手権」など多彩なイベントが行われた。
 
 ダンス選手権は21世紀館イベントホールであり、個人・グループ36組168人が出場。子どもたちのかわいい創作ダンスや、高校生による息ぴったりのストリートダンスが披露され、観客席から大きな拍手が送られた。
 
 小中学生部門で優勝した4人組「ロンディーノ」の柴田姫衣(ないき)さん(10)=福島小5年=は「この大会のためにみんなで練習に励んできた。すごくうれしい」と大喜びしていた。
 
 ダンス選手権のほか、モンゴルなどの民族衣装の試着や、阿波和紙によるうちわづくりの体験コーナーなどもあり、大勢の親子連れでにぎわった。