【ワシントン共同】トランプ米政権のショート議会担当補佐官は22日のNBCテレビのインタビューで、米朝首脳会談を控えた両国が目指す「非核化」の内容について合意しているのかを問われ、「その点は直接話し合う必要がある」と答えた。非核化の手法を巡り、米朝間に隔たりがあることを示唆した。

 米国が「完全かつ検証可能で不可逆的な」北朝鮮の非核化を目指しているのに対し、北朝鮮はこれまで「朝鮮半島の非核化」を再三主張してきた。自国の核放棄の対価として、朝鮮半島からの米国の核戦力撤収などを要求する可能性が指摘されている。

 ショート氏は改めて「完全非核化」の必要性を強調した。