新しい「ゆうゆうアンパンマンカー」のイメージ図

 JR四国は28日、人気アニメのキャラクターを車体に描き、子どもたちが遊べるスペースがある「ゆうゆうアンパンマンカー」を10月上旬に一新すると発表した。
 
 外観は、基調の色を青から黄色に変更し、アンパンマンと仲間たちが笑顔で描かれている。車内には新たに販売スペースが設けられ、予約したアンパンマン弁当の受け取りやアンパンマン関連商品の購入ができる。
 
 ゆうゆうアンパンマンカーは2002年に登場。15年目を迎え一新することにした。車内の半分は座席で、残りがキャラクターの遊具を配したプレールームになっている。徳島線と高徳線で週末を中心に運行し、これまでに16万人以上が利用している。