ブラジルのクラブへの加入が決まったMFカルリーニョス=2017年5月、鳴門ポカリスエットスタジアム

サッカーJ2徳島ヴォルティスは27日、2017年シーズンまで在籍したブラジル出身のMFカルリーニョス(35)が母国のサンタクルスFCに加入することを発表した。

 カルリーニョスは2016年に大宮アルディージャから加入。正確なキックからの大きな展開力、強烈なミドルシュートなどを武器に、徳島ではJ2リーグ戦49試合で2得点を記録し、天皇杯には2試合出場した。日本では2012年から6シーズン、徳島、大宮、磐田の3チームでプレーし、J1で61試合4得点、J2で87試合4得点だった。

 カルリーニョスは、徳島ヴォルティスを通じて
「このたび、ブラジルのサンタクルス FC に移籍することになりました。今まで徳島ヴォルティスで応援してくだったファン・サポーターの皆さま、そして今まで支えてくれた皆さま、本当にありがとうございました。またいつか日本でプレーすることが出来るように頑張りたいと思います。
 徳島ヴォルティスが今年こそJ1に昇格することをブラジルから願っています。本当にありがとうございました」とコメントを発表した。