表示器材や発炎筒の使い方を実演するJAF徳島支部のスタッフ。徳島道での事故以降、啓発に力を入れている=徳島市のJAF徳島支部

 鳴門市の徳島自動車道で路肩に止まっていたマイクロバスに大型トラックが追突し、高校生ら16人が死傷した事故から25日で1カ月。トラック運転手の菊池誉司(たかし)被告(50)=松山市南久米町=が自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で起訴され、死亡したバス運転手も書類送検される見通しとなるなど、関係者の責任の所在が明らかになってきた。一方、オープンキャンパス帰りの高校生が巻き込まれた事故の衝撃は大きく、バス業界が高速道路でのトラブル対応マニュアルをまとめるなど、事故の教訓を生かそうとする動きが広がっている。

 事故は8月25日午後5時ごろに起きた。エンジントラブルのため、高校生らが乗ったまま路肩に停車していたバスの後ろから、トラックがブレーキをかけずに時速90キロ程度で衝突。バスは衝撃でガードレールを突き破って土手に転落した。外に出ていたバス運転手の岡本勉さん(30)=阿波市阿波町綱懸=と、車内最後列に座っていた乗客の富岡西高1年森下汐音(しおん)さん(15)=海陽町宍喰浦=が死亡した。

 県警や地検は捜査の結果、トラックを運転していた菊池被告の居眠り運転が事故原因と断定。トラックのドライブレコーダーにデータが記録されていないなど、客観的証拠に乏しかったが、菊池被告の「眠かった」という供述を重くみた。

 ただ、菊池被告の運行計画や勤務状況に無理はなかったとみられ、これらが居眠り運転に影響した可能性は低いという。トラックの連続運転時間などに関して国の基準は守られており、菊池被告が勤務する松山市の運送会社の刑事的責任は問われない見通しだ。

 一方、県警はバスの停車から事故発生までに約30分間あったことを重視。ある捜査関係者は「30分もあれば、乗客を高速道路外に退避させるなどの安全措置が取れたはずで、死傷者が出ることは防げた可能性がある」と指摘する。

 県警はバス運転手の岡本さんにも、一定の刑事責任を問う必要があると判断。近く、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針を固めた。

 事故後、各方面で対策が進められており、県バス協会は「(故障で停車したら)警察や高速道路会社にすぐ通報する」などとした高速道路上のトラブル対策マニュアルをまとめた。県教委も、部活動などで生徒を送迎する教職員に向けた交通安全マニュアルの作成を進めている。

 県警は秋の全国交通安全運動(21~30日)の重点的な啓発項目に、高速道路での安全対策を追加。日本自動車連盟(JAF)徳島支部も「同乗者の安全を確保し、停止表示器材などで後方へお知らせを」と、ホームページなどで呼び掛けている。

 今回の事故は、高速道路でひとたび事故が起これば、重大な結果を引き起こす危険性が高いことを、県民に改めて突き付けた。悲惨な事故が二度と起きないよう、ドライバーは責任を自覚し、安全運転はもとより十分な備えをしておく必要がある。