秋風に揺れるススキの穂。柔らかな日差しを浴びて、白く光って見える=佐那河内村の大川原高原

 佐那河内村の大川原高原でススキが穂を付け、爽やかな秋風に揺れている。ススキは別名「尾花」とも呼ばれ、秋の七草の一つ。標高約1千メートルの同高原の緩やかな斜面の至る所に群生し、柔らかな日差しを浴びてキラキラと白く光っていた。

 ヤギを連れて散策に訪れていた市山与一郎さん(66)=小松島市立江町、自営業=は「ススキを見ると秋の深まりを感じます。空気もきれいで心が和みます」と話していた。