何としても拉致問題解決の道筋をつけてほしい。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による歴史的な南北首脳会談に、そんな思いを託していた人は多かろう。

 文氏が安倍晋三首相と電話会談し、南北首脳会談の際、金氏が「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたことを伝えた。今後の交渉に期待を抱かせるもので評価できる。

 官邸と外務省は、日朝首脳会談に関する検討を内々に進めてきたようだが、手詰まり感があったのも否めない。

 今回、安倍首相は文氏に対して、日朝対話の機会をつくっていくと表明し「必要なら支援を求める」と述べた。文氏は橋渡しを「喜んで引き受ける」と応じたという。

 拉致問題に関して日本は、首脳会談での文氏やトランプ米大統領の提起に委ねていた。直接交渉できるとすれば、大きな前進である。

 それにしても、金氏の対話攻勢には目を見張るものがある。冷却化した中国を電撃訪問したほか、韓国や米国との関係の進展を試みている。ただ、したたかな外交戦略によって東アジアの平和と安定を脅かしてきたのも事実だ。

 それだけに、日朝対話を巡っても、日本人拉致問題を真に解決する意志があるかどうかは見通せない。出方は分からないが、日本は万全の準備をしておくことが大切だ。

 朝鮮半島の非核化を加速させることも重要である。日本は米韓とこれまで以上に連携を密にしなければならない。