鳴門市鳴門町の大塚国際美術館が28、29の両日、イベント「ハロウィーンは美術館で!」を開く。限定グッズや菓子がもらえるイベントや、仮装したスタッフが作品を紹介する「名画ミステリーツアー」が行われる。

 両日とも開館中に3回(各15分)、スタッフがカボチャのお化けに変装し、出現する。来館者がお化けに「トリック・オア・トリート」と声を掛けると、ハロウィーン限定グッズや菓子がもらえる。

 「名画ミステリーツアー」は両日とも午後1時半から約40分間、絵画「モナ・リザ」に仮装したスタッフの案内で作品を見て回る。作品の前では、描かれている人物に扮(ふん)した別のスタッフが、作者や描かれた背景について解説する。

 同館は両日、作品にちなんだ仮装での来館も呼び掛けている。学芸部広報担当の吉本早希さん(29)は「絵画に登場する人物の気持ちを味わってほしい」と話している。

 ツアーは定員が各日30人。希望日、代表者氏名、人数、連絡先を電話かメールで申し込む。問い合わせは同館<電088(687)3737>。アドレスは<info@o―museum.or.jp>。