国道を防いだ倒木を撤去する牟岐署員ら=22日午後7時35分、牟岐町内妻

 超大型で非常に強い台風21号は22日午後10時現在、潮岬の南南東約140キロにあって、1時間におよそ50キロの速さで北北東に進んでいる。徳島県には午後9時ごろに最接近した後、次第に遠ざかっているが、台風を取り巻く発達した雨雲の影響で、局地的に激しい雨が降る恐れがある。

 県内には24日午前0時現在、大雨・洪水・暴風・波浪の各警報が継続中。気象台はこれまでの雨で地盤が緩んでいるところがあるとして、引き続き土砂災害や浸水害への警戒を呼び掛けている。

 県内では風が強い状態が続いていて、美波町では午後10時55分に最大瞬間風速36・8メートルを記録した。23日昼前にかけて海上を中心に北西の風が非常に強く、明け方にかけてはうねりを伴った大しけとなる見込み。

 阿波市は市場町大野島地区、伊月地区の樋門、排水機場周辺地域に避難指示を出している。県内のほかの地域でも避難勧告や土砂災害警戒情報が出されている。