電子書籍が閲覧できるスペース=徳島市幸町3のイノベーションセンター徳島(みる会図書館提供)

 徳島市幸町3のイノベーションセンター徳島に27日、民間の「電子図書館」が開設される。センターにタブレット端末を持参するなどして閲覧する仕組みで、利用は無料。当面は専門書を中心に45冊を用意することにしており、運営する一般社団法人「みる会図書館」は「気軽に利用して」と呼び掛けている。

 閲覧できるのは、情報関係の技術書や人文系の学術書など。タブレットなどの端末に専用アプリをダウンロードした上でセンターでパスワードを入力し、館内の無線LANサービス「Wi―Fi(ワイファイ)」を受信できる状態で利用する。書籍そのものの貸し出しはしない。

 当面は試験運用とし、システムに不備が見つかればその都度修正。11月27日に正式オープンさせる。蔵書は年内に100冊まで増やすことを計画している。

 電子図書館の開設は、みる会の佐野誠一理事(34)=徳島市大松町大久保=が、既設の公立図書館の開館時間や本のラインアップに不満を感じたのがきっかけ。一般の図書館に比べ、スペースが大幅に少なくて済むことや蔵書が劣化しないことなどに着目し「自分が読みたい本を、多くの人にも読んでほしい」と思い立った。

 佐野理事は「司書サービスを充実させるなどして、利用者のニーズに柔軟に応えられる運営を模索したい。将来的には県内全体を網羅するサービスを目指す」と話している。

 開館時間は午前10時半~午後9時(土曜は午後7時まで)。問い合わせは佐野理事<電090(6518)4441>。