喜びの表情を見せる大蔵投手(左)と伊藤翔投手=藍住町のゆめタウン徳島

26日のプロ野球のドラフト会議で指名された徳島インディゴソックスの伊藤翔投手(18)と大蔵彰人投手(23)が、藍住町のゆめタウン徳島で記者会見し、1年間支えてくれた人たちへ感謝し、ドラフト指名を受けた喜びや意気込みを語った。
 埼玉西武ライオンズから3位指名を受けた伊藤投手は「今はホッとした気持ちとNPBでやってやるぞという気持ちが強い」と心境を語り、今後に向けて「1日でも早く1軍でプレーできるように精一杯頑張りたい」と意気込んだ。
 愛知県出身の大蔵投手は、地元の中日ドラゴンズから育成1巡目で指名された。「何より指名していただいたことに本当に嬉しい」と喜び、「徳島で過ごした1年間ですごく成長できた」とNPB入りの夢をかなえた徳島での生活を振り返った。