大勢の参拝客の前で披露された獅子舞=鳴門市の大麻比古神社

 鳴門市大麻町板東の大麻比古神社で1日、秋祭りがあり、400年以上続く伝統の獅子舞の奉納があった。

 氏子らでつくる「桧獅子舞保存会」の会員と板東小学校などの児童が本殿前で披露。児童がたたく太鼓の拍子に合わせ、2体の獅子がダイナミックに舞い、五穀豊穣(ほうじょう)と家内安全を祈願した。

 参拝客は盛んにカメラのシャッターを切ったり、大きな歓声を上げたりしていた。

 祭りには子どもみこしなども繰り出し、境内から大鳥居までの参道約800メートルを威勢よく練り歩いた。