「鳴門天然温泉あらたえの湯」の男湯=鳴門市撫養町

 ボートレース鳴門(鳴門市撫養町)の隣接地に17日、温浴施設「鳴門天然温泉あらたえの湯」が開業する。市有地を総合レジャー業のノヴィル(徳島市)が借り受けて運営。一部の露天風呂などからはレースの見物もできる。13日にオープニングセレモニーがあり、鳴門市民に限って15日までの3日間、先行利用できる。

 温浴施設は2階建て延べ約2600平方メートルで、最大約350人を収容できる。男湯の露天風呂と、飲酒を楽しめるカウンターがある「ロイヤルラウンジ」からは、ボートレースが観戦できる。

 舟券の購入やボートレース鳴門への直接の出入りはできない。

 飲食施設や釣り堀なども備えており、飲食施設は22日、釣り堀は12月1日にオープンする。