先制ゴールが決まり、喜ぶ徳島北の選手たち=徳島市球技場

第96回全国高校サッカー選手権徳島予選は12日、徳島市球技場で決勝戦が行われ、徳島北が1-0で徳島市立を破って初優勝し、初の全国選手権出場を決めた。

徳島北は、後半29分、MF小林の右CKをDF川久保が頭で合わせて先制。徳島市立の攻撃を粘り強い守備ではねかえし、1点を守り切った。

徳島北 1-0 (0-0、1-0)徳島市立

【得点】後半29分、川久保(徳島北)