徳島県警捜査1課と美馬署、岡山県警は6日、窃盗の疑いで岡山県倉敷市老松町、無職の男(70)、弟の同県備前市西片上、トラック運転手の男(61)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑は、1月4日午後2時40分から同3時50分ごろ、美馬市内の温泉施設脱衣所で、コインロッカーに入っていた現金計約8万8700円入りの財布5点と、ショルダーバッグ、カード類など計46点(計3万5800円相当)を盗んだとしている。

 捜査1課によると、被害に遭ったのは美馬市の男性と、県内外の男子大学生4人。それぞれ脱衣所内の貴重品用コインロッカーに財布を入れていたが、鍵は脱衣かごに置いていた。ロッカーに壊された形跡はなく、両容疑者は置かれていた鍵を使って開けたとみられる。

岡山県内でも脱衣所を狙った窃盗が相次いでおり、岡山県警との合同捜査で2人の関与が浮上した。