線路と線路の間が陥没したJR勝瑞駅構内=藍住町勝瑞(JR四国提供)

 14日午後0時50分ごろ、徳島県藍住町勝瑞のJR高徳線・勝瑞駅構内で線路横の地面が直径70センチ、深さ2・5メートルにわたって陥没しているのを、清掃作業員が見つけた。けが人はなかったが板野―徳島間などで列車の運転を3時間余り見合わせ、約900人に影響が出た。

 陥没したのは、駅南端にある1番線と2番線の分岐ポイントから40メートル北側の地点で、両線の間。JR四国広報室によると、ポイントを清掃するため歩いて向かっていた作業員が見つけた。13日に現場を確認したときに異状はなかったという。

 砂利で陥没した箇所を埋めた後、午後4時10分ごろ運転を再開した。原因は分かっておらず、今後、詳しい現地調査を行う。

 この影響で、高徳線の特急列車上下6本と普通列車上下12本が部分運休したほか、普通列車上下2本が最大23分遅れた。