井ノ元遺跡から出土した古墳時代前期の土器。手前が高坏、奥が小型丸底壺=石井町石井

 石井町教委は15日、石井町石井の井ノ元遺跡から古墳時代前期(4世紀前半~半ば)の土器群が出土したと発表した。県内で同時期の土器がまとまって出土するのは初めてで、町教委は「土器によって年代を決定する編年研究の基準資料となり得る」としている。

 土器群は地下約1・8メートルで見つかり、南北10メートル、東西35メートルにわたって帯状に広がっていた。完全な形を残す物だけで250個以上あり、うち7割を祭祀(さいし)用と思われる小型丸底壺(つぼ)や高坏(たかつき)が占める。手ごね土器や石製小玉、鉄製鍬(くわ)先なども発掘された。

 町教委は、祭祀後に土器を捨てた場所と推定し、近くに祭祀が行われた遺構が存在するとみている。南側に渡内川があることから、水の神を祭る祭祀が行われていた可能性もある。

 今回調査したのは約1500平方メートル。西側に隣接する石井幼稚園の改築工事に伴い、5月から発掘に取り掛かった。近世(18~19世紀)から古墳時代前期にかけての4面の遺構が確認され、土器群のほか、江戸時代の藍商屋敷に設けられていた石組み井戸や屋敷外の水田、飛鳥~奈良時代の素掘り墓35基なども出土した。

 奈良時代の水田を形成する溝の方角が8世紀前半~中頃の条里制と一致することから、石井町域でも阿波国府域と同時期、条里制に基づいて開発が進められていることも分かった。

 町教委の菅原康夫文化財指導員は「今回見つかった土器群は、祭祀の内容や古墳時代の土器の様相を考える上で貴重な資料となる」と話している。

 18日午後1時半から現地説明会がある。問い合わせは町教委<電088(674)7505>。