好みの自動車を品定めする来場者=徳島市のマリンピア沖洲特設会場

 徳島県内の自動車やオートバイのディーラー11社が新車や中古車を展示、販売する「トクシマトライアルパーク2017」(徳島新聞社主催)が18日、徳島市東沖洲2のマリンピア沖洲特設会場で始まった。19日まで。入場無料。

 電気自動車(EV)やスポーツカーなど130台が出展され、23台に試乗できる。自動駐車機能を備えた車の体験コーナーもあり、親子連れやカップルらでにぎわった。

 松茂町の会社員樫山勝基さん(26)は「試乗してみると室内の広さや内装の手触りがよく分かる。たくさんの車が出展されているので、しっかりと乗り比べて購入を検討したい」と話した。