洋ランの栽培方法についてアドバイスを受ける参加者(左側)=美馬市脇町北庄のあんみつ館

 美馬市脇町北庄の洋ラン展示販売施設あんみつ館で、洋ランの栽培講習会があり、県内外の愛好家が訪れた。

 あんみつ館を運営する種苗会社河野メリクロンの職員が、参加者が持参したコチョウランやシンビジウムの生育状況を確認。「葉が日焼けするのを防ぐため、日光に当てないで」「室内の温度は15度以上に保って」などとアドバイスした。

 コチョウランを持ってきた米井美智子さん(60)=高松市、主婦=は「自分の知らない知識を教えてもらい勉強になった。大切に育ててきれいな花を咲かせたい」と話した。