石井貴氏

 徳島インディゴソックスは1日、来季の監督に西武ライオンズで投手として活躍した石井貴氏(46)が就任すると発表した。5日に徳島市のとくぎんトモニプラザで就任会見が行われる。

 石井氏は神奈川県綾瀬市出身。藤嶺藤沢高校から三菱重工横浜を経て、1993年にドラフト1位で西武に入団した。速球派の右腕として頭角を現し、99年と2000年に2年連続で2桁勝利をマーク。投手陣の柱としてオールスターにも3度出場した。

 07年で現役引退。08年から11年までは2軍投手コーチ、12、13年は1軍投手コーチとして指導に当たった。その後はテレビでの野球解説や母校の野球部指導などをしている。

 徳島球団は養父鐵監督(44)から11月上旬に今季限りでの退任の申し出があった直後から後任の人選に着手。NPB(日本野球機構)で指導経験がある複数人に絞り込み交渉を進めていた。