徳島ヴォルティスのホームゲームを観戦して、サポーターたちが掲げている鮮やかなゲートフラッグ(ゲーフラ)が気になり始めました。応援メッセージと選手の似顔絵などを組み合わせた、趣向を凝らしたデザインの数々。どんな思いを込めているのか、取材しました。

 (ゲートフラッグギャラリーは随時更新します)

選手バスを待つサポーターたち。趣向を凝らしたゲートフラッグを掲げる

 

 ◇ゲートフラッグはどうやって制作?

 ゲートフラッグ制作会社にオーダーする場合、入れたい言葉や色使い、デザインのイメージなどの要望を伝えると、デザイナーがデザイン案を作って制作してくれるそうで、撥水加工や持ち運び用のケースもセットで約1万円~とのこと。もちろん手作りしている人もいます。

 

 

 【MF杉本太郎】

MF杉本太郎選手のゲーフラ「献身」

 ◎ゆみさん(サポーター歴9年目、杉本太郎ファン5年目)

 ◆こだわりは?

 「白地にヴォルティスブルーのシンプルなフラッグが作りたかった。でも文字だけでは少し寂しかったので、『献身・誠実・尊重』の献身を入れました。いつも献身的なプレーをしてくれているので」

 ◆杉本太郎選手の好きなところは?

 「闘志あふれるプレーとキレのあるドリブル。熱い気持ちを持っていて笑顔がかわいいところです」

 ◆ひとこと

 「けがから復帰したので、思う存分ピッチで暴れて、私たちサポーターを熱くするプレーを見せてください。活躍が楽しみです」

 

 【GK梶川裕嗣】

 
GK梶川裕嗣選手のゲーフラ。それぞれ3色ある

 ◎のりこさん(大塚FC時代から夫婦で応援)

 ◆こだわりは?

 「GK梶川選手のゲーフラを、似顔絵バージョンと、文字だけのバージョンを、それぞれユニフォームの色に合わせて黒・赤・緑の3種類ずつ作っています。似顔絵バージョンは、宮崎キャンプで撮影した写真を元にデザイン。試合のときは当日のユニフォームと同じ色のユニフォームを着用して、同じ色のゲーフラを掲げています」

 ◆GKのユニフォームは3種類、どの色を着るのか、いつどうやって知るんですか?

 「ウォーミングアップのときは練習着を着ているのですが、ユニフォームと同じ色のソックスを履いているので、キックオフまでにゲーフラと自分のユニフォームも同じ色にそろえています」

 ◆梶川選手を応援する理由

 「ゴールキーパーの体を張って自陣ゴールを守るところが頼もしくて素敵。梶川選手のキック力としなやかで美しいキックフォームに魅了され、反射神経がよくて気迫あるプレーに感動します。気配りを欠かさない温かさと親しみやすい笑顔も魅力」

 ◆ひとこと

 「後半戦もけがなく、全力で戦って。これからますます大切な試合が続きますが、ファインセーブでチームの勝利に貢献してください!」

 

 【FW佐藤晃大】

FW佐藤晃大選手のゲーフラ

 ◎りえさん(サポーター歴2年)

 ◆こだわりは?

 「ヴォルティスカラーの青地に白抜きで佐藤晃大選手の名前を入れました。シンプルで名前が際立つようにしました」

 ◆佐藤選手のどんなところが好きですか?

 「背が高く、ピッチを駆ける姿が目を引きます。ゴールが見たいという応援の気持ちを込めて掲げています」

 ◆ひとこと

 「ゴールを決めるところ、チームが勝つところが見たいです!」

 

  【勝!勝!勝!】

 

「勝」が三つ並んだゲーフラ

 ◎武井亮太さん(サポーター歴10年)

 ◆デザインのこだわりは?

 「ヴォルティスカラーの3色に『勝』と書きました!3色の布を縫い合わせて、文字は絵の具で書き入れた手作りです。このデザインで一回り小さいゲーフラを2011年シーズンから使っていたのですが、より勝ちたい気持ちを大きく表したいと、2016年から今のゲーフラを掲げています」

 ◆どんな思いを込めていますか?

 「とにかく勝ってほしい!」

 ◆どの選手のファンですか?

 「岩尾憲キャプテン。熱い男です!」

 ◆ひとこと

 「ホームもアウェーも、全部の試合に応援に行くので、たくさん勝ってみんなでJ1に行きましょう!」