鮮やかな花を咲かせたシンビジウム=阿波市吉野町柿原

 県内有数の洋ランの産地・阿波市で、クリスマスや歳暮の贈答用に人気の高いシンビジウムの出荷が最盛期を迎え、生産者は花の包装や箱詰めに追われている。作業は12月下旬まで続く。

 同市吉野町柿原の農家、阿部勉さん(43)方では、5棟のハウスで淡いピンクの「花の絆」や深みのある緑の花が特徴的な「ショパンの調べ」など約30種、1万鉢を栽培。1日200~300鉢を関東や京阪神、九州の市場に順次出荷している。

 阿部さんによると、今年は天候不順で開花が少し遅れているが、品質は良好。価格は例年並みで、3千~5千円の鉢に人気が集まっている。地元では同市のマルナカ柿原店やパワーシティ鴨島店(吉野川市)で取り扱っている。