徳島ヴォルティスの選手が小学生と交流するイベントが5月13日、徳島市立図書館で開かれ、石井秀典選手が参加しました。

 12日のホーム京都戦でキャプテンマークをつけて活躍した石井選手が登場すると、大きな拍手が。図書館スタッフの読み聞かせに合わせて体を動かしたり、ゲームをしたり。「はだかのおうさま」の紙芝居を読むと、子どもたちは集中して聞き入っていました。イベント終了後にはサイン会もあり、ユニフォームや色紙を手に子どもたちが並びました。

 イベントの様子を動画で紹介します。