[磯]<中林>14日、出船時は穏やかだったが8時ごろから北の風が強くなった。エンバエ西の胴で阿南市の谷友二さんがハリス1・2号ウキ下をサオ1本半で35、40センチのチヌ2匹と28~42センチのマダイ13匹、37センチのアイゴ1匹。大阪の加田欣司さんも35センチのチヌ1匹と25~35センチのマダイ12匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>14日、北の風。コーナー付近で20センチ前後のガガネ10匹余り。少し離れた所で30~32センチのチヌ3匹。ルアーを投げ歩いた人は47センチのマゴチと29センチのヒラメを各1匹。

 <宍喰漁港>14日、早朝からアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・6、0・8キロのアオリイカ2匹。

 <高知・室戸岬漁港沖ノ離岸堤>14日、西のち東の風。水温20・3~20・7度。沖向きの消波ブロックで33センチまでのグレ1~3匹。内向きでは30センチまでのグレをサオ頭は20匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>14日、波風ともに穏やか。サシ餌をダンゴに包みチョイ投げして32、40センチのチヌと30、34センチのグレを各2匹、37センチのマダイ1匹。ガガネを狙って探り歩いた人は13~23センチを50匹。別の人も同型を20匹。餌木を投げ歩いた人は0・7~0・8キロのアオリイカ3匹。アジを餌にウキ釣りで1・2キロを1匹。中突堤では赤アミを餌にサビキ仕掛けで小アジ、小サバが好調。地の岸壁ではアジを餌に取り込みにはヤエンを使い1・27キロのアオリイカ1匹。餌木を投げた人も1・2キロを1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>13日、終日雨が降り風もあり釣りづらかった。ヤカタ各所で釣果がありマダイは50センチ、45センチ、30センチを各1匹。チヌは2人が35~52・5センチを3匹、45センチ、42センチ、35センチを各1匹。

 [投げ釣り]<淡島海岸>13日、キス名人位戦が行われ37人が参加し匹数を競った。6時半から3組に分かれ3時間の予選を行い各組上位2人に前年度名人を加えた決勝戦は、悪天候で40分に短縮し行った。優勝は鱗友サーフの田中聡さんが4匹。同クラブの瀬尾捷征さんが3匹で2位。3位はひげサーフの矢野直人さんで3匹。4位は鱗友サーフの多田弘一さんが3匹(同匹数は重量で決定)。また瀬尾さんは70歳以上で競う仙人位も受賞。予選・決勝とも型は16センチ前後が主体。

 <小鳴門海峡>13日、撫養川河口で6時から7時間、チロリとアオイソメ、イシゴカイを餌に23センチのキスと25センチのアブラメ、37センチのカレイを各1匹。(県釣連盟報道部)